スロット ブラウザ

東北電力グループ カーボンニュートラルチャレンジ2050 東北電力グループ カーボンニュートラルチャレンジ2050

東北電力グループは、S+3Eの確保を大前提に、2050年カーボンニュートラルに挑戦します。
東北電力グループのCO2排出削減を加速するとともに、スマート社会の実現を通じて東北・新潟地域をはじめとしたお客さまの CO2排出削減にも取り組み、地域社会の脱炭素化に貢献してまいります。

※S+3E:安全性を前提に、環境性、経済性、安定供給の同時達成

電力供給とスマート社会の実現でカーボンニュートラルへ挑戦

2030年度におけるCO2削減目標

カーボンニュートラルの実現に向けて、2030年度のCO2排出量について、2013年度実績から半減することを目指します。

CO2排出量
  • ※従来、小売事業におけるCO2排出量を表示していましたが、発電ベースのCO2排出に着目するGXリーグ第1フェーズへの参画を機に、発電事業におけるCO2排出量への表記に改めています。

カーボンニュートラル実現に向けて目指す姿

東北電力グループは、クリーンな大規模電源による電力供給と分散型エネルギーやエネルギー利用の効率化を同時に達成した社会の実現を目指します。

再エネと原子力の最大限活用 火力の脱炭素化 電化とスマート社会実現

カーボンニュートラル実現に向けた取り組み

東北電力グループは、「再生可能エネルギーと原子力の最大限活用」、「火力電源の脱炭素化」、「電化とスマート社会実現」の3つの柱を中心にCO2排出削減を行い、カーボンニュートラル社会の実現を目指しています。

カーボンニュートラル実現に向けた至近の取り組みは、東北電力グループ統合報告書・サステナビリティレポートに掲載しております。